不動産登記

不動産に関する登記って、どのような種類があるの?

1.所有権に関する登記
(売買、贈与、財産分与等)

登記

売買や、贈与・離婚による財産分与などで不動産の所有者となった場合、登記を行うことは義務ではありませんが、自身の所有権を主張・公示するために所有権移転登記を行うことをお勧めします。

登記手続を承りますので、ご相談ください。

2.担保権(抵当権等)に関する登記
(住宅ローン借入、住宅ローン完済等)

相続

金融機関から融資を受ける際、所有する不動産を担保とする場合が多くあり、金融機関から担保権を設定した旨の登記をするよう求められます。

一方で、過去に受けた融資を完済した場合には、金融機関から担保権の抹消登記に必要な書類が交付されます。

抹消登記は必ずしも行わなければならない登記ではありませんが、なくなったはずの担保権の登記が残ったままですと、不動産のご売却や新たな融資の際に支障をきたす恐れがありますので、速やかに抹消登記を行うことをお勧めします。

登記手続を承りますので、ご相談ください。

3.住所や氏名の変更登記

登記

所有者として登記されている住所や氏名に変更があった場合、その変更登記は義務ではありませんが、不動産のご売却や新たな融資の際には必要な登記となりますので、変更があった際は速やかに行うことをお勧めします。

登記手続を承りますので、ご相談ください。